インフォメーション

ニュースリリース

当社は、去る9月16日(金)から18日(日)まで米国カリフォルニア州パロアルトのスタンフォード大学キャンパスで開催されたStanford Medicine X 2016 Conferenceに参加し、「遺伝子治療におけるウイルスの活用-先進医療に関わり科学、倫理、およびビジネスにおいて考えるべきこと」と題するパネルディスカッションに出席しました。

 

当社は、本パネルディスカッションにおいて、当社子会社の株式会社ID ファーマ(以下、「IDファーマ」という)の基盤技術であるセンダイウイルスベクターが従来のウイルスベクターと比較して遺伝子導入効率が非常に高いこと、センダイウイルスは、RNAをゲノムとして持ち細胞内に入ってからその核に入ることなく細胞質で遺伝子を発現する特徴があり、非常に安全性が高いベクターであることについて説明しました。

 

また討議の場においては、ベクター技術の治療への応用に関して世界的に著名なMark Kay博士などと、遺伝子治療の領域におけるウイルスベクターの利用可能性と各国の環境整備状況などについて積極的に意見を交換しました。

 

こういった取組を通じて当社とStanford Medicine Xは相互理解を深め、両者が共同でID ファーマの基盤技術の利用可能性の拡大、開発パイプラインのステージアップ、並びにその他共同研究・開発戦略を構築しそれを実行することを加速してまいります。

 

Stanford Medicine X 2016 Webサイト

 

パネルディスカッション詳細:Using Viruses to Alter Genes – The Science, Ethics, and Business of Creating New Therapies

お問い合わせ

株式会社アイロムグループ
〒102-0071
東京都千代田区富士見2-10-2
飯田橋グラン・ブルーム
TEL:03-3264-3148

お問い合わせ

ページトップへ