先端医療事業

先端医療の実用化に向けた臨床開発の促進と
製造販売体制の構築および先端医療技術応用製品の開発を推進します。

再生医療・遺伝子創薬

再生医療・遺伝子創薬

難病の克服のために、次世代の医療技術や医薬品の創出と、実用化を待望されているもののひとつが、再生医療や遺伝子創薬といった先端医療テクノロジーです。アイロムグループにおいて先端医療事業を推進するIDファーマでは、⾃社ベクター技術を活⽤し、再⽣医療・遺伝⼦創薬等の各領域の事業に取り組んでいます。IDファーマは、センダイウイルスベクターをはじめとしたベクター開発・製造において世界トップクラスの技術を保有し、バイオ業界で高い評価を得ています。
特に近年においては⾃社ベクター技術を活⽤した、iPS 細胞作製技術をはじめとした再生医療や遺伝子治療薬・ワクチンなどの遺伝子創薬の各領域の事業に取り組んでいます。

ビジネスモデル

再生医療領域においては、研究用および臨床用のiPS細胞作製キット「CytoTune®-iPS」を全世界に向けて販売するとともに、製薬企業や研究機関に対し、iPS細胞作製技術の特許実施許諾を積極的に行っています。
遺伝子創薬領域においては、基盤技術として持つセンダイウイルスベクター等のベクター技術を用いた遺伝子治療製剤等の研究開発を進めています。

GMPベクター製造施設・CPC(細胞培養加工施設)

IDファーマでは、 遺伝子治療・再生医療等に用いる医療用ベクターの製造を目的として、茨城県つくば市にあるIDファーマ研究開発センターにGMP(※)ベクター製造施設・CPCを保有しています。

先端医療技術の臨床応用が進む中、安全性と機能面に優れ、特許によって権利が確保されているベクターを求めるニーズが高まっています。本施設は、臨床用ベクターのグローバル市場への提供を前提とした製造が行えるよう、無菌製剤製造の3極(日米欧)GMPに準拠する仕様としています。また、CPCにおいては、厚生労働省関東信越厚生局より特定細胞加工生物製造許可を取得しています。

※GMP:Good Manufacturing Practice(医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準)
医薬品や医療機器の安全性を確保するために、製造設備とその管理、品質管理、製造管理について製造業者が守らなくてはならないことを明確にした基準のことで、日本では厚生労働省の省令によりその基準が示されています。

先端医療技術応用製品

先端医療技術応用製品

アイロムグループは、先端医療技術を健康や美容に応用することにより、より多くの人が、より身近に最先端の技術を利用することができるよう、株式会社ICELLEAPを中心として新しい製品の研究開発を進めています。その取り組みの中で、再生医療への応用が期待されるiPS細胞にかかわる技術と、化粧品の製造技術を融合し、アイロムグループオリジナルブランド「ICHIKA®」から、iPS細胞培養上清液を原料に使用した新しい化粧品「iPSスーパーネイタントアプリケーション®」を開発することに成功しました。ICELLEAPでは、これからも先端医療技術を応用した様々な製品の研究開発を推進し、最先端技術を皆様に提供できるよう取り組んでまいります。

iPS細胞培養上清液

iPS細胞培養上清液

iPS細胞は、特定の遺伝子を細胞内に入れ培養することで、様々な組織や臓器の細胞に分化することができ、無限に増殖する能力を持った特別な人工の幹細胞です。一般的な幹細胞コスメの元となっている体性幹細胞とは全く違う次元の増殖能力を持ちます。このiPS細胞を培養した際に得られるのがiPS細胞培養上清液です。 ヒトiPS細胞の培養上清液は、肌の新陳代謝に必要不可欠な栄養、サイトカイン、成⻑因⼦やエクソソームを豊富に含み、時を戻したかのような潤い・ハリ・弾力を与えます。

OEMサービス

OEMサービス

OEM(受託製造)とは、Original Equipment Manufacturing の略称で、顧客のオリジナルブランドとして販売される製品を、委託を受けたOEM会社が企画・開発・製造するサービスです。ICELLEAPでは、オリジナル原料であるiPS細胞培養上清液を用いた製品をはじめとして 、 基礎化粧品やヘアケア・ボディケア、アロマ製品など様々な用途の製品を提供することができます。 特殊材料を原料化する技術と、先端医療技術の2つの技術の融合により実現した、アイロムグループならではのサービスです。

ICHIKA TM

ICHIKA®

かがやく素肌のために、新しい選択。 化粧品でも薬でも美容医療でもない、新しいモノを、イチから創造する「ICHIKA®」。
ICHIKA®先端のバイオ技術で作製した、ヒトiPS細胞の培養上清液を配合した、世界初、日本発の高級コスメブランドです。

一般用医薬品や医薬部外品、化粧品等の販売を行う越境EC事業

一般用医薬品や医薬部外品、
化粧品等の販売を行う越境EC事業

株式会社インでは、第1類医薬品を除く一般用医薬品や医薬部外品および化粧品等の販売を行う越境EC事業(Electronic Commerce)に取り組んでいます。中国等のアジア圏を中心としたグローバルな展開を推進しており、顧客のニーズに応じた多種多様な取扱商品の拡充・展開を図っています。

PAGE TOP