事業紹介

SMO事業

SMOのパイオニアとして、臨床試験の効率化・迅速化に加え、
多様な疾患領域へのきめ細やかな高品質のサービスを提供します。

SMOとは、Site Management Organizationの略で、一般に「治験施設支援機関」と訳されています。「くすりの候補」が医薬品として使用できるようになるためには、その安全性と効果を確認する臨床試験(治験)の実施が不可欠です。
治験を実施する医療機関では、診察や検査の他にデータの整理や種々の書類管理など、様々な業務が発生します。
アイロムグループのSMO事業では、治験を実施する際に医療機関で生じる専門的な業務を支援しています。

我が国のSMOのパイオニアであるアイロムグループ。
創業以来、新薬を中心として早期臨床試験から製造販売後臨床試験まで、一貫した実施支援体制を拡充してきました。また、CRC(治験コーディネーター)の質の向上や管理体制の充実に、グループを挙げて取り組んでいます。
そして、臨床研究や疫学調査、さらに大学病院や中核病院との提携の推進など、高度な専門領域にも積極的に支援の幅を広げています。

SMO事業

医薬品開発を取り巻く環境の変化に対応するための取り組み

■最適な治験環境を提供するためのCRC・SMAの育成

医療機関において専門知識を持つ質の高いCRC(治験コーディネーター)と、治験事務局支援を担当するSMA(治験事務局担当者)が求められています。アイロムグループには、薬剤師・看護師・臨床検査技師などの医療系資格を持つ社員が多数在籍しています。さらに、教育研修カリキュラムとCRC・SMA認定制度を社内に設けるとともに、各種外部認定取得も積極的におこない、医療や疾病、関連法規などの知識の取得はもちろん、コミュニケーションスキルの向上にも努めています。

■高度医療に対応しうる医療機関との提携

製薬企業の幅広いニーズに応えるため、アイロムグループは既に2,000を超える医療機関と提携しており、中でも臨床試験に特化した専門医療機関をはじめ、難治性疾患に対応しうる高度医療が提供できる大学病院や地域中核病院等との提携を進めています。

■組織的な品質マネジメント

治験の品質を国際水準にマネジメントするために、プロジェクトリーダー制を導入してCRCを統括することにより、複数の治験実施施設間の治験の品質を高度に均一化しています。さらに信頼性保証部門やプロジェクト管理部門などが、プロジェクトリーダーをはじめとするCRCを専門的に支援しています。このような取り組みにより、組織的な品質マネジメントを実現しています。

ページトップへ