事業紹介

先端医療事業

先端医療の進化と実現を加速するベクター技術で、医療分野において
わが国の成長戦略を支えてゆきます。

難病の克服のために、次世代の医療技術や医薬品の創出と、実用化を待望されているもののひとつが、再生医療や遺伝子創薬といった先端医療テクノロジーです。
アイロムグループにおいて先端医療事業を推進するIDファーマでは、優れたベクター技術を基盤として、再生医療・遺伝子創薬の各領域事業に取り組んでいます。IDファーマは、センダイウイルスベクターをはじめとしたベクター開発・製造において世界トップクラスの技術を保有し、バイオ業界で高い評価を得ています。特に同社は近年自社ベクター技術を活用して、iPS 細胞作製技術をはじめとした再生医療や遺伝子治療薬・ワクチンなどの遺伝子創薬の各領域の事業に取り組んでいます。

ビジネスモデル

再生医療領域においては、研究用および臨床用のiPS細胞作製キット「CytoTune®-iPS」を全世界に向けて販売するとともに、製薬企業や研究機関に対し、iPS細胞作製技術の特許実施許諾を積極的に行っています。
遺伝子創薬領域においては、基盤技術として持つセンダイウイルスベクター等のベクター技術を用いた遺伝子治療製剤等の研究開発を進めています。

CLOSE-UP

GMPベクター製造施設・CPC(細胞培養加施設)

IDファーマでは、 遺伝子治療・再生医療等に用いる医療用ベクターの製造を目的として、茨城県つくば市にあるIDファーマ本社・研究所にGMP(※)ベクター製造施設・CPCを建設しました。
先端医療技術の臨床応用が進む中、安全性と機能面に優れ、特許によって権利が確保されているベクターを求めるニーズが高まってきました。

本施設は、臨床用ベクターのグローバル市場への提供を前提とした製造が行えるよう、無菌製剤製造の3極(日米欧)GMPに準拠する仕様としています。

また、2017年3月には、施設の一部について厚生労働省関東信越厚生局より特定細胞加工生物製造許可を取得しました。


※GMP: Good Manufacturing Practice(医薬品等の製造管理および品質管理に関する基準)のことで、医薬品や医療機器の安全性を確保するために、製造設備とその管理、品質管理、製造管理について製造業者が守らなくてはならないことを明確にした基準のことで、日本では厚生労働省の省令によりその基準が示されています。

ページトップへ